YouTuberの年収/収入の目安とは?収入の仕組みや条件,再生数との関係についても!




今回はyoutuberの年収(収入)にフォーカスしてお伝えしていきます!

この記事ではyoutuberの収入となる金額の目安について、収入の仕組み条件,再生数との関係についてご紹介していきますので最後までご覧いただけると嬉しいです♪

スポンサーリンク



YouTuberの年収/収入の目安とは?再生数1回につき0.1円って本当?

出典:http://www.tuber-town.com

2019年6月、ソニー生命保険株式会社が中学生200名・高校生800名を対象にインターネット上で行われた「中高生が思い描く将来についての意識調査」では、衝撃的な事実が判明しました!

それが男子中学生の将来なりたい職業第1位と、女子中学生が将来なりたい職業第7位、それと男子高校生将来なりたい職業第3位に『YouTuber』がランクインしていましたね!

それだけ今世間から大きな注目を集めている”YouTuber”ですが、その収入の実態はかなり不明確なのが現状です。。。

そこでこの項目では、youtuberの年収(収入)の目安となる考え方についてお伝えしていきます!

実は再生数が同じでも得られる収入が違う場合があるんですね!

このことを詳しく説明するには、『1再生=0.1円』という誤解について少し解説する必要があります!

少し前にyoutuberの収入は『1再生=0.1円』と言われていた時がありましたが、2019年8月現在ではこの考え方はもう通用しないと考えていいでしょう!

それについてはこの動画で詳しく述べられています!

簡単にいえば、長く再生される動画はその分広告が露出される機会が増えるため必然的に1再生あたりの収益が増えるということなんです!

と言いますのも、視聴者に広告を観てもらえばもらうほどyoutuberに入る広告収入は増えるからなんですね!

ただし、広告を複数設置するためには10分を超える動画を作る必要があります!

ですので、動画製作者が1回の再生数で得られる収入を増やすためには、『10分以上の動画をいかに長い時間観てもらうか』ということが大事なのですね!

ちなみに昔はyoutuberは収益の公開は禁止されていたのですが、現在はかなり具体的な金額を公開してもいいようになっているそうで、自分の収益を公開しているyoutuberは増えてきましたね!

例えばおのだまーしー2.1というyoutubeチャンネルでは、2019年4月時の再生回数1,524,607回に対して収入は384,580円と公開していました!(1再生約0.25円)

また、『マナブ』というyoutubeチャンネルでも再生回数約1,120,000回再生時間700万分(約4800日間)であった時の収益が約500,000円だったと公表しています!(1再生約0.44円)

上の2人のyoutuberを見ると、再生回数が多くても広告の表示回数が少なければ1再生あたりの収入は変わってくるということがよくわかると思います!

他にも収益を公開している方はいますので、もしもっと知りたいという方は調べてみるといいでしょう♪

スポンサーリンク



YouTuberの収入の仕組みや収入が得られる条件とは?

「はじめしゃちょー スライム」の画像検索結果
出典:https://www.youtube.com

youtuberとして生計を立てていくためにはもちろん収入を得ていかなければなりません!

ここではその収入の種類仕組み、またその収入が得られるための条件について解説していきます!

1、広告収入

youtuberの収益源としてもっともメジャーなものが広告収入でしょう!

ただ、一口に広告収入といっても広告の中にも大きく3種類あるので、まずは1つずつ広告の種類について見ていきましょう!

まずは動画再生前に流れる『5秒後にスキップ可能な広告』or『CMが終了するまでスキップできない広告』であるインストリーム広告です!

たまにこのインストリーム広告が2本立て続けに再生されることがあるので、若干鬱陶しく感じる方もいるでしょうw

それと、動画再生中に画面下側に表示されるオーバーレイ広告がありあます!

下の画像でいうと青い太枠で囲まれた部分の広告ですね!

出典:https://www.youtube.com

最後にサイドバー広告といって、関連動画が表示される付近で見受けられる広告もあるんですね!

具体的には下の画像の青い太枠で囲まれた部分の広告です!

出典:https://www.youtube.com

そしてこれらの広告の仕組みですが、まず広告を流したい企業がGoogle(youtube)に広告費を出します!

それをyoutuberが動画として流して広告を表示させることで、その企業の商品をPRしているという感じなんですね!

そんな広告が設置できるためにはある条件を満たさなければなりません!

それが『過去12ヶ月の動画総再生時間が4000時間』『1,000人のチャンネル登録者』の両方を達成することなんですね!

ちなみに収入が8,000円を超えないとせっかく発生した収益も手元に入れることはできないので、そこは注意してください!

スポンサーリンク



2、企業案件

次にyoutuberにとって大事な収益源になるのがこの企業案件だと思われます!

企業案件とは先ほどの広告とは少し異なり、直接youtuberが企業の商品やサービスについて実際に使ってみた感想等を述べて、視聴者にその良さをアピールする手法を取ってその企業から報酬をいただくやり方です!

具体例をあげるとすると、美容系youtuberがある化粧品会社の商品を使ってその化粧品の良さをPRするといったような感じですね!

ただ、youtuber的には視聴者からの信頼を第一に考えている方が多いため、企業案件を紹介する動画ではわざと『この動画は企業案件を扱っています』というアピールをする方が多いです!

これは企業案件だとは気がつかれないようにさりげなく商品をアピールしても、結局視聴者にはバレてしまうため、最初から潔く企業案件だと言い切ることで信頼を落とさないようにしているものと考えられます♪

ちなみに企業案件で受け取る金額はyoutuberの影響力によっても異なりますが、これについてシバターさんが面白い動画を公開していましたねw

こんな大物youtuberのギャラを動画にできるのはおそらくシバターさんくらいでしょうから、かなり貴重な情報だと思われますw

この動画を見る限りでは、企業案件のギャラは必ずしもチャンネル登録者数や再生回数に比例する訳ではないとわかりますね!

具体的なギャラの決め手は不明ですが、その時に最も影響力があるyoutuberに多くのギャラが入ると見ていいでしょう!

そう考えれば、この動画の当時の『レペゼン地球』にこれだけの収入が入るというのも納得ではないでしょうか!?

3、スーパーチャット

続いてyoutuberとして収益を得る手段としてライブ配信限定にはなってしまいますが、スーパーチャットという方法があります!

これはライブ配信中のyoutuberに直接お金を送って支援する制度であり、俗に言う”投げ銭”だと思ってもらうとわかりやすいと思います!

動画配信中にスーパーチャットを送ると、下の画像の青い太枠内ように送られた金額が一定期間表示されます!

出典:https://www.youtube.com

ちなみにこのスーパーチャットを受け取るには、チャンネルの収益化が行われていることと、チャンネルの所有者が18歳以上であること居住地が提供地域に含まれているなどの必要があるみたいでした!

そして、youtuberに入ってくるスーパーチャットの取り分は全額の7割であり、残りはYouTubeサイドに入るそうです!(実際には手数料等も引かれるため6割くらいしかもらえないそうですが、、、)

スポンサーリンク



4、YouTubeチャンネルメンバーシップ

最後にチャンネルメンバーシップについてお伝えします!

これは視聴者が特定のyoutuberに対して、月額490円を支払うことでチャンネルメンバーになることができる制度です!(これで得た収益の7割がyoutuberに入る仕組み)

参考画像として、下の青い太枠がそうですね!

出典:https://www.youtube.com

チャンネルメンバーになることで、視聴者は様々な特典を手に入れることができます!

この特典はyoutuberによって様々ですが、チャンネルによってはメンバー限定でしか得られないような情報もあるので、ファンにとっては嬉しい機能だと思います♪

利用条件としては『チャンネル登録者数が3万人を超えている』ことや『有効な違反警告がない』『18歳以上』『チャンネル所有者の居住地が利用可能な地域に含まれている』といった条件を満たしている必要があります!

ただ、こちらの制度は有料であるために賛否両論分かれており、導入するとなるとどんな方でもある程度の批判は受けるものだと考えていいでしょう。。。

導入を検討するなら、視聴者にとって満足いくようなサービスが提供できないといけないでしょうね!

視聴者の気持ちに立てば「これで490円ならお得だな」と思ってもらえるようなサービスでないと加入は厳しいと思いますので、使い所は難しい制度かなと思います!(メンバーは希望すればいつでも解約が可能)

最後までご覧いただき本当にありがとうございました!!

スポンサーリンク
関連コンテンツ①



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする