お墓参りにお供えする花束はどこで買う?お花の値段や種類とは?




みなさんこんにちは!

本日も引き続き、お墓参りについての記事を書いていきます!

今回の焦点は、

お墓参りに持って行くお花はどんなお花がいいのか?

そしてそれは相場としておいくらなのか?

というか、そもそもどこで買えばいいのか?

という点です!

2018年、春のお彼岸の日が近づいているので、

お墓参りに行くご家庭も多いかと思います!

しかし、いざお墓参りに行こうにも、

みなさんはどんなお花がお墓参りに適しているのか

をご存知でしょうか!?

そんな疑問にお答えできたらと思い、

今回はお墓参りに使うお花について、

リサーチしたことをまとめてみました!!

ちなみに前回は、お墓参りには手ぶらで行っていいのか

という疑問点についてまとめました!

合わせてこちらの記事もご参考にしていただけると、

よりお墓参りについての知識が増えて

あなたの日常生活のお役に立てると思います!

前回記事→https://ho4ta3.com/ohakamairi-259

まずお伝えすることは、前回記事の通り、

お墓参りには必ずしもお花を持っていく必要はございません!

しかし一般的にはお花を持っていくのが普通です!

そこで、今回の記事が、

あなたにとって大きくお役に立つことになるでしょう!!

前回も触れた部分ですが、

お墓参りには「こうやりなさい」という

明確なやり方の定義は特にはありません!

それに、お墓参りやり方などの作法やマナーは、

宗教や地域の風習に左右される場合が結構あると思います!

つまり作法については決まりがないため、

そこまで難しく考える必要はないのでご安心ください♪

亡くなった方や先祖を弔う気持ちを持って、

お墓参りをすることが1番大事なことだと思います!!

しかし、そうは言っても一般的には、

お墓参りに持っていくことに適したお花は確かに存在します!

反対にお墓参りにお供えするべきではない

お花も存在するので、

その点も踏まえてお話ししていきます!

そこで今回は、お墓参りに使うお供え用のお花は

どこで買えばいいのか?

そして、どんな種類のお花が適していて、

一体どのくらいのお値段がするのか?

という疑問に答えられる様に記事にまとめてみました!!

あくまでも、一般論からリサーチした

情報を元にまとめています!

個人的な意見では、もしも故人が生前に好きであった

お花があるのならば、

その花をお供えするのが最適なお供え物だと思います!

何度も言っていますが、

お墓参りで1番大事なのは形ではなく

「気持ち」だと思っています!!

なのでその点を大事にしていただけたら

特には問題ないと思いますね!

スポンサーリンク



お墓参りでお供えする花束はどこで買うの?

1、購入場所

最初に結論から入って、

そのあと説明や軽い注意点を説明していきます!

ズバリ、お墓参り用のお花が売っている場所は、

花屋さん(当たり前すぎますが、、)とお寺や

墓地などが近くにあるコンビニ、

スーパーやホームセンター、霊園などです!

1番手っ取り早い上に荷物にならないで

お花を揃えられるのは、やはり霊園です!

霊園にお墓がある人限定ではありますが、

家からお墓までのルート上でお花を買うことが

できるので手間もかからないですし、

お墓参り直前に購入するため

そこまで荷物にならないです!!

ただ便利な反面、

少し相場の価格よりも霊園のお花は高めです。。。

なので私がオススメすするのは

霊園近くのスーパーで購入するという方法です!!

だいたいは、霊園近くのスーパーには

お墓参り用の花が扱われている場合が多いです!

関連画像

出典:https://ameblo.jp/setoseika/entry-12203051234.html

お花参りに行く前に近場のスーパーに

立ち寄る場合は、心配なら電話で

お墓参り用のお花を取り扱っているかの

確認をしてみるといいですね!

よくスーパーなんか行くと、コーナーの一角に

こぢんまりとした花屋さんを

見かけることがあるかとは思います!

そこのお姉さんに「お墓参り用のお花をください」

と言えば準備していただけると思うので

結構簡単に手に入りますね!

そういった花屋さんで購入するときに、

こちらの予算と花束にする花の種類や色の組み合わせなどの

希望を伝えておくと、

理想に近い花束を用意していただけると思います!!

特にお墓参りに持っていく花が

決まっていない場合は、

プロにお任せするのもいいと思います!

お墓参りだけではなく、

母の日にお花をプセゼントするときなど、

私は実際に何から何まで花屋のお姉さんにお任せしていましたね!w

お花の購入について気をつけるべきポイントは

購入する花の数です!

お墓のお花立ては左右2ヶ所存在します。

お花屋さんではお花立て一ヶ所分(1束)単位で

仏花を販売しているケースが多いです!

なので、お花立て左右2ヶ所分1セットで購入しましょう!

それから、お花立てに入る量にも気をつけた方がいいですね!

せっかく用意したお花が、お花立てに入りきらない

なんてことになったら泣きたくなってきます。。。

2、お供え用のお花を準備するタイミング

ではここで大事なポイントをお話しします!

それはお花を準備するタイミングなんです!

お花を購入するベストなタイミングは

お墓参りに行く直前が望ましいですね!!

理由は単純に新鮮な状態のお花を

お供えすることができるからです!

ただ、前日にはどうしても花屋に寄る時間が

なかったり、お墓参りの当日に花屋の営業が

お休みである可能性もあります。

このように直前に準備するのが難しい場合もあるでしょう!

そういった時は、できれば前日に花を買って、

そのお花を新鮮な状態で保たせる一手間をかける必要がでてきますね!

3、お花を新鮮なまま保つ方法

一手間といっても全然難しくないのでご安心ください!

花の鮮度を保つ秘訣は「水切り」にあります!

水切りとは、茎の1番下の部分を水中で切ることです。

これによって、水の吸い上げをよりスムーズに

することができるので、

切り花としての寿命を伸ばすことができます!!

「切り花」の画像検索結果

出典:https://my-best.com/3475

水切りを行う手順は、買ってきたお花を

新聞紙などの包装紙に包まれた状態で茎だけを

10㎝程度出します。

それをきれいな水の中に入れて茎を2㎝程度切ります。

その際に水に浸る葉っぱがある様なら取り除きましょう!

最後に水の入った状態のお花を日陰で涼しく、

風通しの良い場所に移して終了です!

たったこれだけで終了ですので、めちゃくちゃ簡単ですよね!w

では水切りを行う上での注意点がいくつかあるので説明します!

まずは、お花を包装紙にきちんと包んだ状態にすることです!

これにより葉っぱから余計な水分が蒸発することを

防げるので花を新鮮な状態で保たせやすくなります!

そして、茎を切る際は水の中で切る様にしてください!

これは茎から空気が入らない様にするためです!

茎の切り口から空気が入ってしまうと、

導管内で気泡が形成されて水の流れが滞ってしまう

危険性があります!どうしても水中で切るのが難しい場合は、

切った瞬間すぐに水につけてください!!

ちなみに、茎は切れ味のいいハサミで斜めに切ってください!

切れ味が悪いと導管が潰れて

水の吸い上げに支障をきたす恐れがあります!

そして茎を斜めに切ると断面積が広く確保できるので、

より水の吸い込みがよくなります!

それに、斜めで切る方が切りやすいですw

スポンサーリンク



お墓参りに適している仏花の種類と値段は?造花でもいいの?

1、一般的に良いとされるお供え用の花の種類

お供えするお花には明確な決まりがないというのが、

大大大前提でお話ししていきますね!

みなさんはお供えする仏花には、

どの様なイメージがありますか?

私はなんとなく”菊の花”というイメージが強かったのですが、

実際に菊の花はどんな時期でも手に入りやすく、

長持ちしやすいというお墓参りに適した花なんだそうです!!

そして実は菊の花以外にもたくさんの

適したお花が確認できたので、ご紹介いたします!

お墓参りに適しているのが、おなじみの

菊の他にカーネーション、ヒャクニチソウなどです!

これらはどんな時期でもお供えにおすすめです!

そして更に時期によっては、

それら以外にもオススメできる花があります!

春はキンセンカ、アイリス。

キンセンカ↓

「キンセンカ」の画像検索結果

出典:http://garden-vision.net/flower/kagyo/calendula.html

アイリス↓

「アイリス 花」の画像検索結果
 出典:https://horti.jp/5294

夏はリンドウ、グラジオラス。

リンドウ↓

「リンドウ 花」の画像検索結果
 出典:https://lovegreen.net/languageofflower/p35151/

グラジオラス↓

「グラジオラス 花」の画像検索結果

出典:https://horti.jp/2764

お盆期間はホオズキ、ミソハギなどが

各時期のおすすめの花の一部です!!

ホオズキ↓

「ホオズキ 花」の画像検索結果
 出典:https://horti.jp/7835
ミソハギ↓
「ミソハギ 花」の画像検索結果
出典:http://garden-vision.net/flower/magyo/lythrum-anceps.html

1番いいのは、実際どんな花なのかを

花屋さんで直接確かめて、

気に入った花の組み合わせがあれば

買ってお供えしてみることだと思います!

プロに頼るのがやはり1番ですね!w

2、一般的に悪いとされるお供え用の花の種類

一般的にはお供えするお花には棘のある花、

毒のある花、匂いの強い花は

タブーとされているようです!!

例えば棘のある花と聞けば、

バラなどがパッと思い浮かぶと思います。

しかし、バラは花の中ではそれなりに人気が高そうですよね。

では生前バラの花が大好きだった方のお墓参りに、

バラは持っていかない方がいいのでしょうか??

もちろんそんなことはないのでご安心ください!

もしバラを持っていくとしたら、

少々手間ですが棘を全てとってしまえば大丈夫です!

「バラ 棘なし」の画像検索結果

出典:https://aucview.aucfan.com/yahoo/c457520379/

別に棘があってもいけないことはないのですが、

あなた個人の問題ではなく、

あなたの家族が周囲の人からおかしな目で見られてしまう

危険性があることを忘れないでください!

どういうことかというと、

あなたの家族や先祖のお墓ですので、

そこにお供えされた花がタブーとされる状態の花なら、

それを見た周囲の人は

なんて非常識な一家なんだと思ってしまうのです!

お互いに気持ちよくお墓参りするためにも、

バラをお供えするとしたら

しっかり棘を取っておいた方が無難でしょう!

それと、匂いが強い花は虫が寄ってくるという理由で

お供えしない方がいいです!!

特に梅の花などが当てはまりますね。

虫がたかるとダイレクトに周囲に迷惑が

かかってしまうので特に注意してください!

他にも、一般的にアザミやヒガンバナなどは

避けた方がいいとされています。

お供えする花を選ぶ際は、

以上の点をよくよく確認していくことをおすすめします!!

3、お花の値段相場

値段は季節によりけりな部分もあり大体ですが、

1束約1,000円程度が相場だと思われます!

つまり1セット買うなら2束なので

約2,000円かかる計算ですね!

一般的に仏花に支払われる金額で1

番多い価格帯が1,500円から3,000円だそうです!!

もし花束にするならばそれなりに

お金がかかってくるので、お財布と相談しましょう!

4、お墓参りは造花でも大丈夫なのか?

生花であると、問題点としては寿命が短い

という点だと思います!管理の仕方が悪ければ、

すぐに枯れてしまうこともあるでしょう。。。

その点造花であれば、こまめな管理が必要ないです!

なのでお墓参りに頻繁に行けない方にとっては

便利な存在だと思いますが、

造花をお供えするというのは非常識にあたるのでしょうか!?

リサーチしてみたところ、

普通に造花をお供えしている方や地域がありました!!

つまり結論としては造花でも問題ないことがわかりました!

「問題ない」の画像検索結果
 出典:http://kingo2.blog.fc2.com/blog-entry-51.html

それどころか、地域によっては

気候風土や風習などの影響で生花そのものが

禁止されているところもあるみたいです!

暑い地域なんかでは、生花がすぐに枯れてしまう

ことがあるので造花をお供えしている様ですね!

ただ、これにも注意点があります!

仏教的な考え方では造花はどうやらお供えする

「華」としてはふさわしくない様なのです。。。

この点に関しては家族の宗派や

お墓のある寺院などの問題だと思いますので、

家族や寺院の住職の意向に沿った方が

トラブルがなく無難でしょう!

さて、以上が私がこの記事でお伝えしたかった内容です!

少しでもこの記事がみなさんのお役に

立てることができたら私はとっても嬉しいです!

最後まで目を通してくださり本当にありがとうございました!!

感謝してます!!

スポンサーリンク
関連コンテンツ①



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする