お墓参りは花なし・線香なしで大丈夫!?手ぶらはマナー違反なのか?




みなさん、こんにちは!

そろそろお墓参りに行く時期に差し掛かってきましたね!!

そのために実家に帰省する人も、

中にはいるのではないでしょうか?

そんな日本ではほとんどの家庭で行われている

出来事であるにも関わらず、

意外と周りにいるみなさんがお墓参りについての

知識が曖昧である方が多いなと感じたので、

リサーチして記事にしてみました!

例としてあげると、

「花や線香は持っていかなければならない」とか、

「生前にお酒が好きだったからお酒をお墓にかけてあげよう」

等々です!

この例を見ただけで、

ドキッとした方は少なからずいるかと思います。

これまでなんとなくお墓参りを済ませてきたけど、

そのやり方は果たして本当に良かったのでしょうか?

お墓参りはこうしないといけないと

思い込んできた固定観念があるのではないでしょうか?

今一度しっかり確認してみた方がいいかもしれません!

もしお墓参りにお花や線香が必ずしも必要ないとわかれば、

けっこうあなたの負担は減ると思います!!

実際に今、お墓参りで線香や

お花を持っていかない方は、

実は少ないながら一定数いらっしゃいます!

その原因としては、昔はお墓が割と身近

にある環境の家庭が多かったため、

お墓参りをその都度行うことができていた様なのです!

しかし、最近は核家族化が進み、

実家付近にあるお墓に通う距離が離れてしまい、

なかなかお墓参りに行くことが難しくなってきた

という社会的な背景が関連しているみたいなのです!

そのため、この現状を受けてお墓参りには

モノよりも気持ちが大切だから、

お墓参りをする気持ちがあればいいよ

という思考に至るお坊さんが出てくる様になりました!

従って、線香やお花がない人がお墓参りをする

ということを受け入れている体制が

できつつあるという現状から、

手ぶらでのお墓参りが不思議なことでは

なくなってきたと考えられるのです!!

そこで今回は、お墓参りについてのみなさんの

認識を改めることを目的に、記事を書いていきます!

あなたのため、あなたのご先祖様などのためにも、

この記事を読んでいただいたみなさんにとって、

ストレスのないお墓参りができるサポートになることを願っております!!

スポンサーリンク



お墓参りとは手ぶらで行って、お墓に手を合わせるだけで大丈夫なのか?

あらかじめお花や線香が準備されている

納骨堂は別にして、本当に普通のお墓参りに、

何も持っていかなくていいのか気になりますよね!

先ほども触れましたが、割合的に少数ですが

何も持っていかない方はいます。

なので何も持っていかなくて大丈夫か?

という問いに対して答えはイエスです!!

「大丈夫」の画像検索結果

出典:http://kokesu.com/sendaiben/stamp_6/

しかしながら、花も線香も持っていかないと、

非常識だと思われてしまうのも

仕方がない事実であると思います!

何も持っていかないと

「何もお供え物をしないで何がお墓参りだ」とか

「先祖に申し訳ないと思わないのか」など

怒られてしまうこともあるでしょう。。。

もしあなたが何も持っていかないことで、

親族などに怒られてしまい、気まずくなるくらいなら、

素直にお花や線香は持っていった方がいいと思います!

この記事の趣旨はあくまでもあなたの

負担を軽くすることや暮らしの役に立つことですので、

この記事で得た知識が争いの元になったら私は悲しいです。

今回はお墓参りにお花や線香を持っていくのは、

それぞれの自由なんですよということだけ

わかっていただければ、極端な話それでいいです!

お墓参りの目的は先祖供養です。

お花や線香がないからといって先祖供養ができない

ということはないのでその点はご安心ください!!

ちなみにですが、墓前に何も備えるな

と言っているわけではありませんよ!

あくまでもお墓参りに必ずお花とお線香を

持って行く必要がないというだけです。

花を持って行く日と線香をあげる日、

手ぶらで拝みに行く日などに分けてみてもいいんです。

1番大事なのは供養する気持ちだと思います!

それに、お花などを持っていきたいけど、

持っていかない方がいい場合も、実はあります。

それについては次項で解説していきます!

花なし・線香なしのメリットとは?

最初に言っておくと、線香を持っていかないことの

メリットはほとんど存在しませんでした!

逆に持っていかないことにより、反感を買う可能性はあります!

何度も言いますが、持って行くことに正解・不正解はないので

持っていかなくてもいいですが、

持って行く方が無難だと思います!!

ただし、花は持っていかないことにメリットが

生じる時があります!

例えばお墓参りに訪れる身内の人数が多い時ですね!

どういうことかというと、

身内全員が一斉にお花を持っていってしまうと、

単純に供えてある花瓶に花が入りきりません!

かといって、こちらだけの都合で勝手に

花瓶を増やすわけにはいきませんよね

花がいっぱいなら、枯れている花や傷んでいる花を

回収・破棄して持ってきた新しい花を差し替えて

あげれば解決するって思いますよね?

それでいい場合もあるのですが、それが通用しない場合もあります。

なんと、最近の傾向としてお墓のある霊園側が、

ゴミ箱を撤去しているところが多くなってきたそうなのです!

そうなってしまったら、古いお花を処分する場所がないので、

結果花を持って行かない方がよくなってしまいます。

どうしてもお花を差し替えたい場合は

ゴミ袋を持参するしかなさそうですね!

「ゴミ袋 持参」の画像検索結果
出典:http://zyohoo.com/1130.html

それと、もう1つのデメリットがあります。

お供えする花の種類によっては

花粉が服や墓石に付着してしまい、

取れにくくなってしまうことがあります !

また、墓石の石の種類によっては、

石目の間に花粉が入り込み、

墓石の変色を起こすこともあるそうです!

そうした問題点を防ぐには、持って行く花は

本当にお墓参りに適しているかどうかを、

花を買う前に調べるしかないと思います!

花を買うときにお花屋さんに聞いてみるのが、

手っ取り早くていいと思いますよ!!

スポンサーリンク



知っておきたいお墓参りのマナー

最初に断っておきますが、ここで言及させていただくのは、

「お墓参りの流れや手順・作法」ではありません!!

なぜかというと宗教や宗派によって

お墓参りのやり方が違いますし、

その地域の風習にも左右される問題だからです!

ですので、ここで言及するのは、

一般的なモラルの問題や墓石に生じる物理的な

悪影響が生じるリスクについてをお伝えしていきます!

ここでお話しすることは、お墓参りする人全体に

フォーカスした内容になっているので、

一旦「手ぶら」というのは抜きで解説しています。

なのでその点だけ、ご理解ください!

1、お墓の洗い方

お墓を綺麗にする時は、家庭用洗剤ではなく、

お墓用の洗剤を使いましょう!

なぜなら家庭用洗剤では

シミがつく場合があるからです!

また、大事な墓石が傷ついてしまわない様に

タワシの使用は控えましょう!

基本的にはスポンジで洗い、お墓の文字彫刻の部分は

歯ブラシを使ってお掃除した方が、

汚れが落ちやすいのでいいですね!

一通り洗い終わったら、タオルでよく拭いて終わりです!

水滴が残るとそこからコケが発生することがあるので、

拭き残しがない様に注意しましょう!!

ちなみに汚れが目立つからといって、

最初にタオル掛けはしない方がいいです!

砂埃などがついた状態の墓石を

いきなりタオルで拭くと、

傷ついてしまう恐れがあるためです!

2、お墓にお酒はかけない

お墓にお酒をかけるシーンはドラマなどで

何回か観たことがあるのではないでしょうか?

実際にこれはよくやりがちだとは思いますが、

実はNGなのです!!

なんとお酒をかけると、

お墓の変色や変質が生じる可能性があるのです!

結構驚きですよね!!

同じ様な理由で、墓石の表面に直接盛り塩を

してもいけないのだそうです!

ついついやってしまいがちですが、

リスク回避のためにも水以外はかけないのが無難ですね!

大切なお墓を守る意味でも

是非注意して欲しいポイントです!!

3、お供え物は絶対に持ち帰る

お供え物をすること自体は、全く問題はないです。

しかし、お供え物を放置してしまうと、

単純に腐ってしまったり、

カラスや動物たちが食い散らかしていく

被害が起こる様なのです!

そうしますと、悪臭の原因になり

近隣にもご迷惑をかけてしまいますね。

せっかくの好意でお供え物をしたのに、

それが原因で近所から反感を買う

騒動にまで発展したら、ご先祖様も浮かばれないと思うので

気をつけて欲しいです!!

さて、以上が私がこの記事で

お伝えしたかった内容です!

少しでもこの記事がみなさんのお役に立てることが

できたら私はとっても嬉しいです!

最後まで目を通してくださり

本当にありがとうございました!!感謝してます!!

スポンサーリンク
関連コンテンツ①



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする