キャンプ用品はレンタルでOK!?オススメレンタルサイト2選




この春、いざキャンプに行ってみようと思っても実際にキャンプを楽しむためにはどんな準備を行えばいいのかお困りの方もいるのではないでしょうか?

結論から言うと、キャンプ用品はレンタルが1番オススメです。

理由は、買い揃えるまでの準備にお金と時間がかかってしまうことと、キャンプ用品は決して小さくはないので置き場に困ってしまうという悩みがあるからです。それにせっかく高いお金を出して買ってみたはいいものの、いざ使ってみたら思っていたよりも使用感が悪かった、、、なんてことになったら損ですよね?

ある程度キャンプに慣れてきたらお気に入りの道具を買い揃えるのはいいと思いますが、初心者の方や年に1回程度家族で楽しめればいいやと思う方でしたらレンタルの方が勝手がいいと個人的には思います。

なので今回はあなたがキャンプでより楽しんでいただくためにオススメのキャンプ用品レンタルサイトとキャンプをする上での注意点をお伝えして行きます。注意点を踏まえて適した物をレンタルしていただければと思います。

前回私はこの春行く関東でのオススメのキャンプ場についてまとめたのですが、そこでわかったことは基本的にはキャンプ場でキャンプ用品や調理器具などの貸し出しサービスが備わっていることでした。

しかし、全てのキャンプ場で十分に貸し出している訳ではないと思いますし、混雑具合によってはすでに予約が埋まってしまいレンタルできなくなってしまうことも十分に考えられます。

なので不測の事態に備えてレンタルサービスがあることについて頭の片隅にでも置いていてもらえるといいかと思います。

前回記事→「この春、装備を整えキャンプに行こう!関東オススメのキャンプ場とは!?」https://ho4ta3.com/kyanpu-96

キャンプ用品レンタルサイト2選!おしゃれなテントも選び放題!

1、ダーリング

ここレンタルサイト特色は管理棟のあるキャンプ場にのみ、現地配送や現地回収を受け付けております。しかも14時までに注文すると翌日配送も可能です。

また、使ったテントの汚れ落としや次回使用のための防水処理、調理器具の焦げ付きや油汚れなど大変な後片付けもしなくて大丈夫という大変嬉しいサイトです。

面倒な使用後のメンテナンスのことは考えず、必要な時に必要な分だけレンタルして使ったらすぐに返却できる便利なサービスですので純粋にキャンプを楽しむことだけ考えていればいいだけですね。

必要なキャンプ用品が一式揃っていることはもちろん万が一に備えての防災用品まで完備してあります。

全力でキャンプを楽しむことに集中してもらいたいというレンタル会社側の思いがよくよく伝わってきました。レンタルする場合のデメリットが大きく解消されていると感じたので素直に素晴らしいと思います。

2、そらのした

このサイトの特徴はテントの立て方、テントの選び方などや時期に合わせた早めのレンタルを呼びかける記事などを独自でまとめていることと、実際に使用したお客様の声を載せている点だと思います。

様々なアウトレットの特色に応じてレンタルアイテムを選ぶことができるので初心者にとってはとってもありがたい仕様ですね。

充実したキャンプ用品に加え、ハンモックや天体望遠鏡などなかなか使う機会が訪れそうにない道具もこの機会にレンタルして使ってみてもいいでしょう。

レンタルサービスの流れとしては、商品の正式予約が完了し、お支払い後に宅配にて商品が届き、ご利用後に宅配で返却という流れになっております。

キャンプセットの道具などはそらのしたオリジナルのブランドが多く見受けられます。それだけキャンプ用品等への愛が伝わってきました。

最安値ではないが道具のメンテナンスはもちろん機能性・清潔さ・品質をきっちり整えていることを宣言しており、安全・安心に利用できるという意味ではそらのしたブランドには信頼がおけると私は判断しました。

レンタルする上での注意点

まず、春にキャンプをする上で注意しておきたいことは何よりも気温です。日中はまだ暖かいですが、夕方から冷え込んでくるため寒暖差が激しく体調を崩しやすくなってしまいます。

せっかく家族で楽しく日中過ごしても夜に凍えるような体験をしたとなっては楽しい思い出も台無しになってしまう可能性もあります。

実際に幼い子どもが寒暖差に体調を崩して翌日熱で寝込んでしまったという書き込みをみました。ですので防寒対策はしっかりやっておいた方がいいことを覚えておいてください。

では、本題のレンタル用品について注意すべき点をお話ししていきます。

まず、テントの形はロッジ型よりもドーム型の方が気休め程度ではありますが暖かく感じられるようです。

寒さに注意を払うならドーム型をオススメします。テント内の明かりそしてガスランタンを用いると火事になるリスクがあるので、室内にぶらさげないようにしてください。

それと、無名のアウトドアメーカーのテントは防水性や作りに難があることがあるので避けた方が無難ですね。

タープに関しては、ポールが安定しないため崩れやすい種類のものがいくつか見受けられたのでウイングタイプ、もしくはスクリーンタイプがいいと思います。

続いてBBQ、調理器具用品についての注意点をお話しします。まずガスバーナーですが、カセットガスを使うタイプがいいですね。というのも燃料代が安いことと、コンビニ等で手軽に購入できるからです。

細かいミスを防ぐために人数に応じてシングルバーナーかツーバーナーを選んでおくことと、炭を余裕を持って確保しておくことやライターを忘れないようにしてください。

これまで散々レンタルすることを推奨してきましたが、調理用品や調味料等に関して言えば自前で揃えて持っていくといいかと思います。

包丁、お皿、鍋など調理器具等は普段使っているモノの方が使いやすいですしわざわざレンタルするのはお金がもったいないかなと個人的には思います。調味料に関してはレンタルしなくても、好みもそれぞれあるので各々で持って行った方が無難な印象ですね。

これらをしっかり踏まえて楽しいキャンプライフを過ごしていただければと思います。

さて、以上が私がこの記事でお伝えしたかった内容です。

少しでもこの記事がみなさんのお役に立てることができたら私はとっても嬉しいです。

最後まで目を通してくださり本当にありがとうございました。感謝してます。

スポンサーリンク
関連コンテンツ①



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする