関東オススメキャンプ場9選!ファミリーで春休みを楽しもう!




みなさんこんにちは。

寒い冬が明けて春の陽気も徐々に感じられ始めたころ、だんだん出かけたくなる衝動にかられてくるのではないでしょうか?そこで私はアウトドアが好きな方にも、アウトドア初心者の方も楽しめるであろうキャンプ場を関東地方に限定してオススメしていきます。

いくつかピックアップしたものをさらに厳選して都道府県ごとに分けてご紹介していきますので、気になる方は是非是非遊びに行ってみてください。

今回ご紹介するキャンプ場は初心者向けのキャンプ場や家族向け、自然に触れ合いたい方向けなどなどいくつかの求められやすいニーズに合わせてリサーチをさせていただきました。

お友達同士で楽しみたい人や家族で揃って楽しみたい人などが気持ちよく過ごしていただけるような場所ばかりですので是非ご覧になっていただけたら嬉しいです。

後半にはこの記事に合わせてキャンプで楽しい時間を過ごしていただくために、キャンプ用品のオススメレンタルサイトやレンタルする上での注意点についてまとめた記事のURLを貼り付けておりますので、そちらも合わせてご覧になっていただければと思います。

関東キャンプ場!初心者にも嬉しい東京編

1、アメリカキャンプ村

特徴的なログハウスが印象的な広々としたキャンプ施設。どこか見覚えのあるログハウスはあの有名なホラー映画「リング」の撮影で使っていたようです。怖がらせてしまったら申し訳ないですが怖い場所ではありませんよ。

電車なら奥多摩駅から徒歩30分、車なら八王子I.C.から車で60分の場所にあります。

アスレチックや釣り堀、魚のつかみ取りに雨天でも可能なBBQのセットはもちろん、キャンプファイヤーまでも準備されています。寝泊まりやキャンプ・BBQに必要な物品はレンタルでほとんど揃っていました。

宿泊先はペンションハウス、ツリーハウス、ログハウスなどバリエーションが豊富でした。都内であるにも関わらず大自然に囲まれた環境がキャンプにはもってこいという印象でしたね。アクセスから考えても初心者や家族で遊びに行くにはいい場所だと思います。

2、若洲公園キャンプ場

都心に設置されている上にすぐお隣に海が面してある珍しいタイプのキャンプ場。ほぼ1年中オープンしている上に気軽に行きやすいためか、シーズンによってはかなりの人気で賑わうようです。山の中というよりは草原の上でキャンプができるような感じですね。

公園のいたるところにBBQ用の野暖炉が設置されております。この野暖炉は共用なのでお互いが気持ちよく使えるように譲り合って使ってくださいね。ちなみに炊事場や休憩舎も共用となっております。

広々とした草原に心地の良い海風を堪能できる贅沢な特色に加えてレンタルサイクリングができることも大きなポイントです。

もちろん海が近いので海釣りサービスも充実しています。さすがキャンプ場とも言うべきかキャンプファイヤーも可能です。キャンプファイヤーに関しては経験者がいないとできない仕様になっているようで、他にも風が強い場合は利用できないケースがあるのでご承知おきください。

私がリサーチしていて1番驚いたのは、何と言ってもこのキャンプ場の代金がものすっごく安いんですよ。なんと1泊2日で大人1人600円なのです。一般的なキャンプ場の宿泊料金と比較してみても破格の値段設定すぎて嬉しいですね。

キャンプ場へは新木場駅から電車で約15分とアクセスは抜群に良いので色々な面をとってもすごく行きやすいキャンプ施設です。都内からでしたら今回の記事の中でここの施設が1番気軽にいける場所だと思います。

個人的には泊まりに行くというよりもふらっと遊びに行ったりするのには最適かなと思いました。

関東キャンプ場!温泉や自然を満喫できる神奈川編

1、芦ノ湖キャンプ村

その名の通り芦ノ湖の湖畔にある森林の中とはまた変わったテイストのキャンプ場です。

最大の特色は箱根の観光地がすぐ近くにあるため、日帰り温泉やパワースポット、遊覧船など気になる観光ポイントがたくさんあることです。

BBQやキャンプファイヤーはもちろんレンタルサイクルサービスも充実。愛用のテントを使用してもOK、愛車とともにオートキャンプを楽しんでもOK。ハイキングや釣りに心置き無くキャンプを満喫できます。

夜間の満天の星空の下で過ごす雰囲気はなんとも言えぬ高揚感にかられる思いがします。

もちろん室内設備も整ったキャビンもありますので初心者にも安心して利用可能です。本格的に楽しみたい方も、家族でワイワイ楽しみたい方にもオススメできる優良キャンプ場です。

キャンプ帰りに温泉等観光地を巡ってみるのもいいかもしれんませんね。

大の温泉好きな私としましては、自然も満喫できてキャンプ要素をふんだんに取り入れたサービス充実な本格キャンプ場に加え、箱根温泉まで堪能できるという点が素晴らしく感じています。ぜひ1番最初に訪れたいと思ったキャンプ場でしたね。

2、BOSCO Auto Camp Base

こちらは自然と触れ合うことにコンセプトを置いた本格派に嬉しい秦野市の山奥に位置するキャンプ場です。安全対策もしっかりされており必要以上なレジャー開発等はされていません。

キャンプ場のすぐそばに川が流れているエリアがかなりの人気を博しております。安心して川遊びができるので子どもたちにも大人気です。

また、しっかりと釣り場も確保されておりイワナやニジマスなどを釣って食べることができます。釣り好きには嬉しいサービスですね。

キャンプ場だけでなく山荘も準備されており山々に囲まれた雰囲気に趣を感じます。天然の湧き水も味わえる他、なんと驚きのピザ窯があるのです。ぜひ美味しいピザ作りに挑戦してみてはいかがでしょうか。

キャンプ用品や設備のレンタルはございますが数に限りがあるため、あらかじめの予約等準備をしておきたい所です。キャンプ場での宿泊の方向けにコインシャワーがあるので大変ありがたいです。

大きな注意点としては売店が閉まってしまうと近場で買い物をすることはできません。(最寄りコンビニまで車で30分)荷物や食料は余裕を持って準備することが最後まで楽しむ秘訣かもしれません。

がっつり本格キャンプを楽しみたい方、大いに自然を満喫したい方にオススメできるキャンプ場だと思います。家族ができたらいずれこんな本格的な自然の中でキャンプをしてあげたいと思いました。自然に特化した魅力溢れるキャンプ場だと思います。

関東キャンプ場!安くて電車アクセス良好な千葉編

成田ゆめ牧場オートキャンプ場

こちらはなんと東京ドーム7つ分の規模をほこる元牛乳専用牧場であった観光牧場です。ここの牛乳で作られたヨーグルトやアイスクリームはかなり美味しいらしいのでぜひ食べてみたいと思いました。

手ぶらでも気軽にキャンプが楽しめるというコンセプトのキャンプ場で、ログハウス、コインシャワーやサウナを完備しております。

宿泊セットやBBQセットはもちろん調理器具等レンタル可能、食材を買うこともできます。大人1人の宿泊代が2000円でありとってもリーズナブルに楽しめますね。

アクセスも良く、東京方面からの最寄りの下総I.Cから車で約2分。東京駅から最寄りの滑河駅まで約100分であり、駅から牧場までは無料の送迎バスが出ます。

牧場ならではの楽しみ方ができるのがこのキャンプ場の最大の特徴で動物に触れ合える、乳搾りや乗馬もできるのです。

さらにこちらの牧場ではアスレチックやアーチェリー、釣り堀、パターゴルフなどその広大さを活かした娯楽設備も豊富であり時間いっぱい家族やグループで楽しむことができます。

春には桜も実に綺麗に咲いているようなのでお花見とキャンプを兼ねて楽しむこともできると思います。

遊びのバリエーションが多く1日で遊び尽くせないんじゃないかという感想ですね。なので宿泊できればじっくり堪能できるキャンプ場だと思います。動物好きな方には1番オススメするキャンプ場です。

関東キャンプ場!安心安全のファミリー向け埼玉編

ロハスガルテンキャンプ場

手軽に手ぶらで楽しむことができるファミリーやママ友向けのゆったりテイストな遊びを楽しむキャンプ場です。

キャンプが初めてで不安な方も安心できるキャンプガイドが存在するのが特徴です。

手ぶらで行けて食材付き、生薬成分の豊富な滋養強壮にぴったりの温泉まで堪能できてなんと1泊2食で税抜き4800円という手頃さも素晴らしいですね。ただし、雨天時に備えて雨具や着替え等の準備はしておいた方が無難であるとは思います。

夏には嬉しい川遊びスポットや公園も隣接しており大人も子供も楽しめる仕様となっております。

リサーチ中にホームページから伝わる大人と子どもを遊びを通じて繋げさせるような施設サイドの優しい心意気がひしひしと伝わってきました。

とにかく初めてで不安であったり、子どもやママ友同士楽しく過ごしたい等のニーズをしっかり叶えているキャンプ場だと思いますのでそういう場所をお求めの方はこちらのキャンプ場を1番にオススメします。

関東キャンプ場!高級な高規格キャンプ場の茨城編

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ

こちらは日本オートキャンプ協会が最高級の星5つと認定した有名な高規格キャンプ場です。大規模なアスレチックをはじめ、テニスコートや多目的運動広場、天然温泉やサウナも設備されています。さすが星5つと思えるようなサービスが存分にあると感服いたしました。

森の中にも関わらず、なんと一年中使用可能なプールまであります。温泉だけにとどまらず温水プールの完備、夏には自然と一体感を味わえる屋外プールやスライダーもあるかなり贅沢なプールですね。

多目的運動広場にはサッカーゴールまで準備してあり、外でできるスポーツはたいていのものはできそうな広さだと思います。

あまりに一般的なキャンプ場のイメージからかけ離れており、これキャンプ場をまとめている記事だよな?と記事を書いていて疑問に思ってしまうほど豪華すぎる造りだと驚かされました。

もちろん本来のキャンプ設備もしっかりしており、キャンプセットや調理器具がレンタルできるので手ぶらでも遊びに行けます。

レンタルサイクルでのびのび自然を体感するのもいいですね。心置き無く自然と運動を遊び尽くしたあとは温泉でゆっくりして美味しい食事を堪能したらとっても気持ちよく熟睡できると思います。

日頃の疲れを遊びと療養で癒すにはもってこいの場所だと思っているので家族サービスで行くには最適なのではないでしょうか。

関東キャンプ場!美しい自然と景色の群馬編

まほーばの森

山小屋風なコテージがおしゃれなこちらの施設はスカイブリッジの東側にある森林公園なキャンプ場です。

オートキャンプ場も新たに整備されたため、長期滞在に適したファミリーリゾートとなっております。

魅力的なのは山腹の展望台から上野スカイブリッジや山々など美しい景色を見渡すことができることです。

上野スカイブリッジとは全長225mで最大地上高90mの超巨大な歩行者用吊橋であり、そこから見える景色は相当綺麗であると思われますが高い所が苦手な私としては渡ることに対して相当腰が引けてしまう規模の橋です。しかし渡らなければすごく損をする気がするほどの魅力を同時に感じましたね。それほどまでにいい景色だと思ったからです。

このキャンプ場の特徴は近隣区間との距離が離れているため、のびのびと過ごせることができます。普通の森の中でキャンプをしているかのような大自然を味わうことができるでしょう。

そしてなんと車やバイクはキャンプ場内乗り入れOKなので荷物の運び入れはかなり楽になりますね。

調理器具や電化製品のレンタル品のメニューも豊富で、スタッフに問い合わせることで手ぶらでのBBQの可能です。しかも事前準備や後片付けもやっていただけるそうなのでかなり良心的ですね。

まさに自然を味わいながらキャンプを楽しみたい方向けだと思います。家族での利用者にとっても人気であるそうなのでご家族での思い出作りに是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

関東キャンプ場!子どものための栃木編

キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原

一番の特色は「MADE for kids/こどもにきゃんぷ」を全面に推しているところだと思います。子どもたちに安全・安心・快適なキャンプを提供することに心血を注いでいることが伺えます。

子ども目線で考えられた娯楽施設やトイレやシャワーなどの生活設備が目立つ他、親御さんがお子さんと一緒に過ごしやすくするための造りに特化しておりまさに親子ともどもに安全・安心して過ごせるキャンプ場として見ればここが間違いなく1番だと思います。

自然の生い茂る中、ハンモックをかけてオートキャンプを楽しむも良し。ウエスタン風なログキャビンで過ごし、庭にセットしてあるテーブルに腰掛け備え付けのBBQグリルで美味しいお肉を焼いて楽しむも良しです。

暖炉つきのキャンプサイトもあり普段では味わえない粋な雰囲気を堪能できるでしょう。

テントやタープなどのキャンプ用品、寝具や調理器具のレンタルも可能。そのほか焚き火を楽しむセットもレンタルしています。

さすが子ども達向けに特化しているためか、ポップコーンポッパーやチョコレートフォンデュなどのレンタルサービス、さらにはベビーカーのレンタルまであります。

子ども目線に立った書き込みメインとなってしまいましたが、しっかりと大人でも楽しめるキャンプ場としての設備やサービスが充実している印象でした。お子さんとの貴重な思い出作りにこちらのキャンプ場へ遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

キャンプは準備が大事!

かなり魅力的なキャンプ場ばかりでした。それぞれに違った魅力がありましたね。今回は関東の各々のキャンプ場の特色が色濃く出ている場所を厳選させていただきました。

関東だけでも無数にキャンプ場があるのでこの記事を読んでいただいたみなさんが遊びに行きたくなるような場所が見つかれば嬉しいです。

しかし、そもそもキャンプには何が必要で、どんな準備をしなくてはならないかをお伝えしておりませんでした。

基本的にはレンタルでなんとかなるキャンプ場を多くまとめたつもりですが、都合よくレンタルできないことも場合によっては生じてきます。

そのため、キャンプ用品レンタルサイトをまとめた記事を書きましたので

そちらの情報を詳しく知りたい方はそちらも合わせてご覧ください。

オススメレンタルサイト2選をまとめた記事リンク先→https://ho4ta3.com/kyanpuyohin-106

さて、以上が私がこの記事でお伝えしたかった内容です。

少しでもこの記事がみなさんのお役に立てることができたら私はとっても嬉しいです。

最後まで目を通してくださり本当にありがとうございました。感謝してます。

スポンサーリンク
関連コンテンツ①



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする