昆虫食の危険性(寄生虫等)とは?美味しいランキングと未来を救う可能性について!




今回は昆虫食の危険性美味しいと言われている昆虫のランキングについてお伝えします。

また、昆虫食が食糧難の未来を救う可能性にも言及しているので最後までご覧いただけると嬉しいです♪

※昆虫の画像を載せているので、閲覧注意です。

昆虫食の危険性とは?寄生虫や病気などを避けて安全に食べるために!

これから起こりうるであろう危機の一つに、人口増加による食糧難があるとされております。

これは2013年の時点で既に国際連合食糧農業機関(FAO)「昆虫が今後の食糧になり得る」と発言したことからも思ったより深刻な問題かもしれません。

そこで注目された“昆虫食”について、あなたが安全に美味しく昆虫食を楽しめるようにこの記事で紹介させていただきますね♪

では、いきなりおすすめの昆虫食についてお伝えする前にまずは昆虫食の危険性をお伝えしていきます。

1、生食は避ける

まず、昆虫食をするにあたって生で食べることは絶対に避けてください!!

理由は細菌による食中毒の危険性があるということと、寄生虫がいる可能性があるからです。

もちろん生で食べられる安全が確保されていたら大丈夫なのです。

しかし昆虫が食べられるお店にお邪魔しても、基本的に揚げた状態など必ずと言っていいほど加熱されて出てきます。

2、アレルギーに注意

いくら病気のリスクをなくすように加熱して清潔にしても、アレルギーだけは抑えることはできません。

もしあなたがカニやエビなどの甲殻類アレルギーをお持ちなのであれば、昆虫食は避けたほうがいいかもしれません。。。

3、食べられると知られているものを食べる

昆虫が食べられるお店で扱われている虫や、食用として食べられることがわかっている虫を食べるようにしましょう!

その辺で取れるような一般的な虫はもしかするとがある可能性や、農薬重金属が含まれている可能性があります。

ですので、食べる際はきちんと商品化されたものを食べることを強く勧めますね。

昆虫食の美味しい虫ランキングベスト3

第3位ミルワーム

幼虫ミックス15g - ミルワーム・スーパーワーム・シルクワーム ...

出典:https://takeo.tokyo/

ミルワームはペットのエサとして大量に安くで売られているので、手に入りやすい食材でもあります!

見た目は昆虫食が不慣れな方にとっては抵抗を感じるかもしれませんが、将来的に昆虫食が主流になる時がきたとしたら最もポリュラーな食材になる可能性は高いと思います。

世界中で養殖されているとのことですので、それだけ人気が高いといえますね!

昆虫料理研究家であり、これまでに100種類以上の昆虫食を食べてきた内山昭一さんもこれまで食べてきた昆虫の中で特に美味しかったものの中にミルワームをあげていました♪

第2位蜂の子

Amazon | 蜂の子65g | 白樺高原牛乳 | 肉類の佃煮 通販

出典:https://www.amazon.co.jp/

蜂の子はなんと食べログベストレストラン2014で全国1位に選ばれた岐阜県の郷土料理店の前菜として出てくるほどなのです。

そして、人によってはこれまで食べた昆虫食の中で1番美味しいと思われるものとのことでした!

さらに一部の昆虫を食べる文化色が強い長野県の方も、昆虫食初心者にすすめる昆虫として蜂の子が選ばれていましたね!

初心者にも優しく、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれている他、美容にも効果的とのことですよ♪

第1位セミの幼虫

セミはソフトシェルのうちに食うべし :: デイリーポータルZ

出典:https://dailyportalz.jp/

2018年には『食用を目的としたセミの幼虫等の捕獲はやめてください』という看板が東京や埼玉に立っていたほど人気のある昆虫食がセミの幼虫です!

セミの成虫でも十分美味しいそうなのですが、それ以上に柔らかくて食べやすいとのことです。

ちなみに先ほどの内山さんいわく、セミは成虫も赤身肉のような旨みがあるそうなので、それ以上の評価のある幼虫はきっとあなたにとっても想像以上においしいものである可能性は高いでしょうね♪

昆虫食が食糧難の未来を救う?

昆虫食は注意する点もあり、慣れないうちはその見た目で躊躇してしまうでしょうが、実は食わず嫌いをしていただけというパターンも多いみたいです。

実際に僕自身も成人するまで虫を食べたことはなく、記念に1回くらい食べてみるかというノリでイナゴを食べたら思った以上に普通の佃煮と変わらなくて美味しかったという思い出がありますね。

冒頭でも少しお伝えしたように、人口増加と食糧危機の問題は専門的な期間が警笛を鳴らしているくらい深刻です。

国連でも『未来食』と呼ぶように昆虫食は安全で安く、栄養価が高いという大きなメリットを持っていますので、是非とも流行って欲しいところではあると思っています!

その流れに乗っているのか最近では美人なレポーターが昆虫を食べたり、『バグズクッキング 昆虫食&虫料理』などの昆虫を調理して実食するだけのYouTubeチャンネルもできています!

個人的にこれは地球環境的に考えてすごくいい流れだと思いますね。

牛や豚などは生産コストがものすごく大きいので、近い将来本当に昆虫食が常識となる日がきても全くおかしくないでしょう!

現に日本国内でも昆虫食のイベントが盛んに行われていますし、昆虫が食べられる居酒屋もそれなりにあるようでしたからね♪

ただ、昆虫食に興味があっても、わざわざ取りに行きたくはないという方やお店に一緒に人が来てくれないという悩みはあると思います!

ですので、まずはお試しとして食べやすく味の評価も高い昆虫食から始めてみるのがいいと思いますよ。



最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク
関連コンテンツ①



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする