ホワイトデー本命へのお返しにはアクセサリー!気になる相場も大公開!!




冬本番の寒さ真っ只中にやってくる年に一度のイベントであるバレンタインデー。

そこで見事、数あるライバルたちを退けて本命のチョコレートを手に入れた男性達に祝福のエールをお送りいたします。

今回は、そんな選ばれし男性方を悩ませるホワイトデーのお返しについて記事を書いていきますので、是非最後まで目を通していただけると嬉しいです。

本題に行く前にひとつ、どうしても私から是非皆さんにお伝えしたいことがあります。これはチョコをゲットした男性だけに限らず、全ての男女に対してお伝えしたい内容です。

一体それは何かというと、「オリコンスタイル」というところが女性に対してとったホワイトデーのお返しに関するアンケートについてです。

2007年に500人の女性に対して、女性が本命から欲しいプレゼントをランキング形式で発表したものなのですが、なんとここの調べではその第一位が「ホワイトデーのお返しはいらない!」という結果でありました。

ここでの女性の意見としては、物よりも気持ちが大事という意見もあったようなのですが、はたして皆様はこれを受けてどう思いましたか?

正直私は意味不明すぎてわけがわからなくなりました。一応説明させていただくと、「オリコンスタイル」の批判をしているわけではありません。あくまでアンケート結果に対して物申したいだけなのです。

1番私が悲しくなるのは、このアンケート結果を受けて「なんだ、プレゼントは欲しくない傾向にあるなら別にあげなくてもいいや」って男性が思ってしまうことです。

あなたが本命の恋人のために一生懸命考えて買ってきたチョコレートや、一生懸命作り方を調べて手間暇かけて作ったチョコレートをプレゼントしたのに恋人がそのお返しを全くしてくれなかったらどう感じますか?

私だったら悲しい気持ちになってしまいます。世の中には色々なカップルがいるので一概にこうするといいよとは言えませんが、はやりいただいたものは別の形であれお返しをした方がいいと私は考えています。

冒頭が長くなりましたが、今回はしっかりあなたの大切な本命の恋人を喜ばすことができるようにホワイトデーのお返しについて記事をまとめました。

大まかな内容としてはホワイトデーのお返しにはアクセサリーがとっても評判がよかったので、人気のアクセサリーの種類やブランドについてと、アクセサリーの価格相場などをお話ししていきます。

アクセサリーがオススメな理由としては、様々なホワイトデーのお返しに欲しいものについてのアンケートを見ると一位か二位にはほぼ「アクセサリー」という答えになっていることがわかったからです。ちなみに先ほどの「オリコンスタイル」でのアンケート結果の二位もアクセサリーでした。

アクセサリーをプレゼントにすることは結構王道であることがわかった上で、実際にインスタグラムで見てみても、嬉しそうにホワイトデーに恋人からのもらったアクセサリーの写真を投稿している書き込みが結構目立ちました。

以上のことからアクセサリーが人気であると自信を持ってお伝えすることができますので、早速リサーチの結果をご紹介していきます。

ホワイトデー本命へのお返しに勧めるアクセサリー

1、ネックレス

もはや女性がもらって嬉しいアクセサリーとして定番となっている王道なプレゼントですね。

チェーンが細く、派手目よりも可愛い系なデザインなものが好まれている傾向にあるようです。意外とシンプルなものの方がウケがいいみたいですね。サイズ感で失敗しにくいのも嬉しい点です。

ネックレスの1つ目のオススメブランドは「ティファニー」です。

はあまりにも有名であるため、誰でも一度は聞いたことがあるブランドだと思います。ハートやリングなどのデザインが女性から好評であり、幅広い年齢層からの支持を集めている人気っぷり。

中でも特に20代から爆発的な支持を得ています。

そんなかなりの名実ともに優秀なブランドにも関わらず、モノによってはだいたい2万円前後あれば購入できてしまう程のリーズナブルな価格であるというポイントも人気に拍車をかけている一因だと思います。

ネックレスの2つ目のオススメブランドは「4°C」です。

こちらも女性がもらって嬉しいブランドの内の一つなんですね。控えめなのに上品な輝きの魅力に心打たれた女性も多いはず。

有名ブランドなのに他のブランドに比べて控えめな料金であるところからは強者の余裕すらも感じます。

2、リング

一般的に婚約や結婚としての印象が強いリングは本命にお返しするべきプレゼントとしてぴったりなのではないでしょうか。

この際お揃いのペアリングをプレゼントしてもいいかもしれないです。

女性にとってリングを受け取るということはかなり特別な意味合いがあるそうですので、しっかりと心に決めた女性に贈ってあげるといいと思います。

リングの一つ目のオススメブランドは、「ete(エテ)」です。

高価な指輪ももちろん多いのですが、一万円とちょっとでシンプルなダイヤモンドの指輪を購入することができます。デザインや価格もプレゼントにうってつけだと思います。

二つ目のオススメブランドは「ahkah(アーカー)」です。

少し値は張りますので完全に社会人向けのメーカーではありますが、若い女性に大変人気です。落ち着いた上品なデザインがおしゃれですので最低でも数万円台する理由はよくわかります。

資金に余裕があれば、大切な恋人のために一肌脱いで想いを伝えることができたら素敵ではないでしょうか。

注意点としてサイズの間違いを起こさないように注意してください。

せっかく買ったのに着けることができなかった、なんてことになったらお互いに悲しい気持ちになってしまうと思いますので、すでに指輪をしていた場合はさりげなくサイズを確認してみるなどの間違い予防策を講じましょう。

3、ピアス・イヤリング

もう既にお気に入りのネックレスや指輪をつけてしまっている場合において、ピアスやイヤリングは喜ばれるプレゼントになるでしょう。

しかしこちらも注意が必要です。というのも普段からピアス等を装着しているなら良いのですが、耳にピアス用の穴が空いていない女性や耳にイヤリングを挟むことに慣れていない女性には耳に着けるアクセサリーに抵抗がある場合があるそうです。

リングのサイズの時と同様、こちらをプレゼントするとお考えの場合は要リサーチすることをおすすめします。

ピアスのオススメブランドは種類が多くてどんな年代にも好まれる「ティファニー」か、可憐で可愛くリーズナブルで若い女性の支持を集める「4°C」です。

「ティファニー」でしたら、定番とも言えるオープンハートのピアスや、シンプルで色々な年代の方に人気の一粒ダイヤのピアスがイチオシです。

「4°C」もオープンハートタイプの他にもキラキラのジルコニアが目立つリボンをモチーフにしたピアスや、上品さを醸し出すドロップピアス系が人気なようです。

一方、イヤリングでの人気ブランドといえば「大人の日常使い」がコンセプトである「ヴァンドーム青山」というあふれ出るインテリ感が魅力のブランドです。その他にシンプルからカジュアルまで様々な種類を扱うデザイン重視の「STAR JEWERLY(スタージュエリー)」も人気です。

ただ、これらは料金設定だけみるとなかなかな高価格であるため、人気度は上記の2つのブランドより落ちてしまいますが、個人的には種類も豊富に取り揃えられいていて一万円以内で買える商品が多いブランド「ete(エテ)」を推薦します。

4、ブレスレット

こちらも普段用からよそ行き用など幅広い用途で使うことができるアクセサリーです。ピアスの時と同じく、既に他のアクセサリーをプレゼントしてしまっているならばブレスレットという選択肢も有りだと思います。

それにネックレスやピアスやリングなどに比べてプレゼントしやすいというライトな装飾品という点も重要ですね。

そんなブレスレットの人気ブランドはやはりお馴染みの「ティファニー」や「4°C」が上位に来ておりました。

ハートのモチーフが定番のティファニー。可愛らしくシンプルな作りは、いくつになっても身に着けていられるデザインですので長く使ってもらえるような魅力があります。

女性らしいデザインで有名な4°Cは若い世代に特に人気です。どんなファッションにも合いやすく有名ブランドの中では良心的な価格であるため個人的にバランスが取れていると感じるオススメメーカーです。

価格相場に関しては後ほど詳しく書いていくのでさらっとお伝えしますと、全体を通して言えるのですが有名ブランドははやり値段が高めです。

ホワイトデーはクリスマスに近いイベントでもあるため、クリスマスプレゼントを贈った数ヶ月後に出す出費としては、少々値段が気になってしまう価格設定のものが多いと思います。

そこで今まで紹介したアクセサリーについて、リサーチの結果を踏まえて私がオススメする各ブランドの相場価格と学生でも買えるような安価なブランドついてご紹介していきます。

各ブランドの価格相場と高校生でも買えるブランド

1、ネックレス

「ティファニー」最低価格約4万〜、オススメ年代10代以降。「4°C」最低価格約1万5千〜、オススメ年代10代〜40代。「アガット」最低価格約3万5千〜、オススメ年代30代。

高校生・大学生向けでは、「カナル4°C」最低価格約1万〜、オススメ年代10代後半〜20代前半。こちらは価格が安く可愛らしいので学生に大人気のブランドです。迷ったらこのブランドで間違いなしでしょう。

「THE KISS(ザキッス)」最低価格約5千〜、オススメ年代10代後半。こちらを勧める理由は安さはもちろん、ペアネックレスでお馴染みのブランドであるということで、カップルにはちょうどいいブランドだと思ったからです。

2、リング

「ahkah(アーカー)」最低価格約3万〜、オススメ年代20代以降。「ティファニー」最低価格約2万〜、オススメ年代10代〜30代。「4°C」最低価格約1万〜、オススメ年代10代〜20代。

高校生・大学生向けでは、「ete(エテ)」最低価格約5千〜、オススメ年代10代〜30代。自然体でさりげないシンプルさが人気だと思われます。

「BLOOM(ブルーム)」最低価格約5千〜、オススメ年代10代〜20代前半。大学生を中心に人気のあるブランドで着けこなしやすさは抜群らしいので、これから初めて指輪をつけようとしている場合には特にオススメできると思います。

 3、ピアス・イヤリング

ピアスは「ティファニー」最低価格約3万〜、オススメ年代20代以降。「4°C」最低価格約2万〜、オススメ年代10代後半から20代後半。

高校生、大学生向けには「カナル4°C」最低価格約5000〜、オススメ年代10代後半から20代後半。特に10代に絶大な人気を誇ります。可愛い系だけでなく、シンプルで上品な系統まで幅広く用意されています。

「ブルーム」最低価格約3000〜、オススメ年代10代。アクセサリー専門で扱っているのに学生でも買えるほどの良心的な価格で提供されているため、本格的なアクセサリーデビューにちょうどいいのではないでしょうか。

イヤリングは「ヴァンドーム青山」最低価格約2万〜、オススメ年代20代以降。「4STAR JEWERLY(スタージュエリー)」最低価格約2万〜、オススメ年代10代後半から30代。

高校生、大学生向けには「ete(エテ)」最低価格約7000〜、オススメ年代10代後半から20代後半。

このブランドはシンプルだけどおしゃれなデザインが多く、高校生を中心に人気があります。

「ブルーム」最低価格約5000〜、オススメ年代10代。両ブランドともに学生でも手が届きやすい価格なのに、しっかりとしたメーカーで作られているという魅力があります。

初めての彼女にプレゼントする場合や、初めてのアクセサリーを買ってあげたいけど予算も多くはないという悩みを抱えた人にはぴったりなプレゼントになると思います。

 4、ブレスレット

「ティファニー」最低価格約3万〜、オススメ年代20代以降。「4°C」最低価格約2万〜、オススメ年代10代後半から20代後半。

高校生、大学生向けには「カナル4°C」最低価格約7000〜、オススメ年代10代後半から20代後半。「ブルーム」最低価格約5000〜、オススメ年代10代。

両ブランドとも安くて可愛い仕様である傾向があり、普段着にも合いやすい仕様です。デザインを見ても、学生時代にこんなようなブレスレットを着けた女の子を見たなぁという印象を抱きました。

手軽でおしゃれなブレスレットをプレゼントしたら、彼女ができるおしゃれの幅が広がるので喜ばれると思います。

ここでこれまでの全体を通して感じたことは、どの年代にもシンプルなデザインが好まれている傾向にあるんだなということでした。

女性が何を好むのかがわからないとプレゼント選びの時、何を買えばいいかわからなくて不安になってしまいますよね。

私も以前は同じような悩みを抱えていました。かつて恋人にアクセサリーを買うためにショッピングモール内のお店を2時間くらい物色して、オススメなアクセサリーを店員さんに聞きまくっていた苦い記憶がこの記事を書いていてふつふつと蘇ってきてしまいました。

そんな思いをしている人を1人でも減らしたいので、この記事を読んでいただくことで一般的に好かれやすいブランドやデザインがわかり、あなたがプレゼントを買う時の参考になれば幸いです。

さて、以上が私がこの記事でお伝えしたかった内容です。

少しでもこの記事がみなさんのお役に立てることができたら私はとっても嬉しいです。

最後まで目を通してくださり本当にありがとうございました。感謝してます。

スポンサーリンク
関連コンテンツ①



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする